続HHKB Professional 2

Web Clap

Warning: Declaration of Wp_WebClap_View::render($template, array $values) should be compatible with Wp_WebClap_Base::render($template, array $values = Array) in /home/tsubomi41/tsubomi41.net/public_html/41/wp-content/plugins/wp-webclap/Wp/WebClap/View.php on line 0



さて、Professional 2 ということは、必然的にUS配列です。
HHKB Proも2台目を買うならJIS配列ではなくUS配列にしてやろうと常々思ってました。
できればメインのMacの方でUS配列を使いたいところですが、BT版の立場がなくなるので諦めます。


US配列のキーボードの好きなところはスペースキーが大きいこと、指の動きを最低限で抑えられること。
案外リターンキーの小ささは気になりませんでした。

むしろ苦労しているのはバックスペースキーかな。
Fnキーを押しながらでないと文字を消せないのですが、これもスイッチでカスタム可能。
しかし、FnなしでバックスペースキーにしてしまうとMacのようにカーソルの左の文字から消えてくれないので不便。
タイプミスを修正するのに何でカーソルを右端に移動させなきゃ何ないのよっ(怒)
……てな理由でFnを押しながらDeleteキーを押すことに慣れました。

でも、JIS配列の癖でどうしてもDeleteキーの上の『〜』を押してしまう!
JIS配列はEnterキーの上がBSキーなんですよね。これだけどうしても慣れないかもしれないが、慣れてみせようぞ。


しかし、全体的にスッキリした合理的な配列だと思う。
特に『おっ!』と思ったのは、記号の入力方法。例えば『;』と『:』とか『`』と『”』ね。
USキーボードだと同じキーでShiftキーの有無で済むし。かなり合理的だと思った。
特にJIS配列だと『`』と『”』じゃキーの位置が全然違う。離れすぎィ〜!
あと何気に『=』と『+』も同じキーで済むのが地味ながらありがたいかもしれない。

US配列って、見た目を気にする人が使うものだと思ってたけど全然違ったw
HHKBならJIS配列でも日本語は無刻印なので充分カッコイイんだけどね。
US配列の合理的さに惚れました。あとは慣れれば言うことなし! ……なはず。


BT版を買った時にも書いたと思いますが、このHHKBにしてから本当に手が疲れなくなった。
長時間使っていても本当に手首や腕に負担がかかりにくいです。
横から見た時のあのカーブがかなりイイんだと思います。
これだけのためでも2万〜3万近くだした甲斐があったというものです。


長くなりましたが、以下は開封の儀の画像です。



外箱。BT版の方がカッコイイと思うのです(個人の感想です)。




蓋を開けたところ。
なんかステッカーが入ってるけど、絶対に使わないw いらないwww
Macのですら使ったことないです。




箱から出したところ。
US配列なのでさらにスッキリですね。美しい……。
今時USB-Btypeのケーブルが泣かせます。 発売がかなり前の製品なので仕方ない。




BT版と並べてみました。
上がpro2で、下がBT版のJIS配列です。 キーの数が全然違いますね。

パースが効いてしまって違う大きさに見えますが、奥行き以外のサイズはBT版と同じです。
BT版の方が電池を入れるところの分、1cm奥行きが大きいだけです。厚みも同じ。


大きな違いはEnterキーとスペースキーの大きさ。全然違いますね。
左Fnの有無、Deleteキー(BS)の位置などですかね。
JIS配列は全体的にキーが左寄りになっていて、USになれたら使いにくと感じるかも?


矢印キー? Photoshopで微調整する時しか使わないから別に……。
場所は分かってるし、小指でFnを押すだけだから困らない。




みてください、この美しいカーブ!
これはBT版も同じなので本当に疲れにくいです。

どうでもいいですが左奥に見えているのがBT版のHHKBです。