HHKB BT

Web Clap

Warning: Declaration of Wp_WebClap_View::render($template, array $values) should be compatible with Wp_WebClap_Base::render($template, array $values = Array) in /home/tsubomi41/tsubomi41.net/public_html/41/wp-content/plugins/wp-webclap/Wp/WebClap/View.php on line 0

pfu001

はい、買っちゃいました。
PFUの最高峰、Happy Hacking Keyboard Prefessional BTです。

サラッと書きましたが、キーボードに29700円は泣きそうです。ほぼ3万やないですか……。
でも、思いきって買って、使ってみて後悔はしていません。


とりあえず以前持ってたHappy Hacking Keyboard Lite2 of Macを買い直そうと思ったんです。
でもね、いずれProfessionalが欲しくなるだろうから、また買い換えるよりは…と。
値段の違い(約6千円と3万円)の違いはタイピングの感触?らしいので、妥協はしないことにしました。


ただ、実機を触ってないので本当に悩みました。
キーボードに3万円も出す価値があるのか?
3万円もあれば、ずっと我慢しているマキタの掃除機が買えるやん……。

Appleのキーボートもそこそこ使いやすかった。
でもね、実際にキーが浮いてきて昔使っていたMacBookもそう。3箇所もキーが浮いてきて、そのうち使えなくなった。
正直、またかと思った。見た目は素晴らしいけど、それだけじゃダメです。
ぺったんこキーは長時間使っているとものすごく疲れます。

手や腕の疲れをマシにするなら思いきって買ってみようと決心したのでした。




て、ことで開封の儀を。

pfu002

箱を開けたらこんな感じ。


pfu004

主にMacで使うので、裏面のスイッチ1をONにしています。
指では無理だったのでシャーペンの先端で。
他のスイッチはデフォルト設定で不便になったらいじります。


pfu005

pfu007

今まで使っていたApple Wireless Keyboardとの比較です。
ちょっとだけ幅が大きくて、奥行きはスリムですね。いい感じです。


pfu006

厚みの比較写真です。
Apple Wireless Keyboardと比べて、かなりの厚みがあります。
でも私には厚みのある方が疲れにくくて助かります。

しかも、この絶妙なキーの角度。うっとりします。


pfu008

ついでに、Windowsで使っていたFILCO の Majestouch 2(茶軸)との比較です。
フルキーボードとコンパクトキーボードを比較すること自体が間違ってますが、Majic Trackpad 2と並べてもあまり変わりませんね。


pfu009

ほら、見てください。この美しさ。
JIS配列なのに日本語がないのがイイ! (あっても気にしないけどね)

会社のパソコンも何台か使うのでJIS配列一択だったのですが、US配列だと無効印のやつも選べてカッコイイんですよ〜。
さすがに無刻印タイプは完璧にタッチタイプできないと厳しいかなと思ってやめときました。
まだ一部の記号とかの入力に手間取るので勇気が出ません。



まだ数時間しか使っていませんが、全然疲れが違います。
腕への負担があまり感じられなくて今日は右腕の痛みがあまりありません。
これだけでも私にとっては約3万円の価値はありました。 

まだ右Shiftキーの小ささに慣れなくてミスタイプも多いですが、本当に打ちやすいです。
気になってた打鍵の音もFILCOの茶軸に比べたら静かなもんですwww


詳しい使い勝手や感想などは、もう少しこのキーボードに慣れてからにします。